3501Fの雑記とかいろいろ

名古屋の大学生が市バス・名鉄バス・三重交通を中心にいろいろ書くブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

市バス系統紹介3・幹名駅1号系統

1か月近く放置してしまいましたね・・・ちょっと精神的に余裕がなくって・・・というわけで系統紹介(またかい)

幹名駅1号系統
幹名駅1 側面 (2)
幹名駅1・本

幹名駅1 側面
幹名駅1・支

幹名駅1号系統は市電12号系統(名古屋駅~清水口~東大曽根)と81号系統(名古屋駅~平田町(へいでんちょう)~上飯田)の代替として開設された路線で、平成10年の再編前は[幹線20]、幹線に昇格する前は[143]を名乗っていました。
[本]は当初は市電と同じルートでしたが、基幹バスの開設により本線は赤塚~山口町から東区役所に経由地を変更、赤塚経由は支線として残されました。その後栄発着の支線(栄~東区役所~上飯田町(現:上飯田))も開設され、再編時に今の[本]を[幹名駅1]に、赤塚経由は栄発着に吸収され[栄14](栄~赤塚~上飯田)となりました。
[支]は再編時は[名駅14]の本線でした。再編前は[18]の本線で、それより前は[17]の本線でした。基幹バスの開設で東片端~清水口から飯田町・白壁経由に変更、さらにゆとりーとライン建設により大曽根旧バスターミナルが閉鎖されたため名古屋駅行きは平安通を経由するようになりました。平成15年の再編で[幹名駅1]に吸収され、両方向とも平安通を経由するようになりました。
現在は全便浄心営業所の担当で、日中は[本]が1時間2本、[支]は1~2本運行されています。また、かつて那古野営業所担当だった名残で朝始発上飯田行き1本のみ[出](菊井町~東区役所~上飯田)があります。ちなみに[出]の方向幕は名古屋駅を経由しないのに何故か緑色の方向幕が使用されています。

スポンサーサイト

PageTop

市バス系統紹介2・基幹2号系統

前の更新から1月近く。更新しなきゃ(使命感)というわけで系統紹介です。

基幹2号系統
基幹2本
基幹2・本

基幹2出入1
基幹2・出入1

基幹2支
基幹2・支

基幹2出入2
基幹2・出入2

基幹2号系統は昭和60年、3年前に開業した基幹1号系統に続いて名古屋鉄道(現:名鉄バス)本地ヶ原線とともに開業しました。名古屋市総合交通計画研究会の基幹バス構想に近付き、日本初の中央走行型バスレーンを大津通~引山間に設定しています。この路線の開設に当たって以下の3路線を整理統合しました。
[16]:名古屋駅~市役所~古出来町~茶屋ヶ坂~自由ヶ丘(現:千種台中学校)
[70]:栄~今池~池下~谷口~茶屋ヶ坂~猪子石西原
[112]:栄~今池~古出来町~茶屋ヶ坂~引山~向野田(むかえのだ)
開業時は那古野営業所が主担当でしたが、平成15年の同営業所閉所により主担当を浄心営業所に移管、副担当にはそれまでの猪高営業所に加え大森営業所が就き、[出入1]が設定されました。翌年には当初三軒家止まりだったのを四軒家まで延長しています。15年には同時に[支]が自由ヶ丘から光ヶ丘まで延長、栄~自由ヶ丘・猪高車庫間の便が廃止されました。

現在は栄発着が日中10分毎、名古屋駅発着は20分毎で運行されています。[出入1]は大森担当便のみで、特定の時間帯に集中しています。市バスでは唯一中乗り後払いで、栄~引山間では名鉄バスと定期券の相互利用ができます。平成23年度の営業係数は101で、初めて赤字に転落しました。

PageTop

市バス系統紹介その1・基幹1号系統

期末試験が終わりました。・・・留年してなきゃいいんだけど。

あんまりネタもないので今回は新シリーズ(?)市バスの様々な系統を方向幕と共に紹介しようと思います。
第1回は花形・基幹バスからです。

基幹1号系統
基幹1・本
基幹1・本

基幹1・折
基幹1・折

基幹1・支
基幹1・支

基幹1号系統は、昭和57年に名古屋市初の基幹バスとして新設されました。市中心部の栄から市道名古屋堀田高岳線(通称空港線)を通り南区を結ぶ系統です。空港線上はほぼ全区間にわたってバスレーンが設定されていますが、名古屋高速がある関係でレーンは歩道寄りになっています。この系統の新設により、大部分で並行する[高速2](栄~緑高校間)は廃止されています。
路線は当初栄~星崎間(現:[折])のみでしたが、昭和59年に出入庫系統として鳴尾車庫まで延長(現:[本])されました。また、名古屋市総合体育館の開設により[支]栄~総合体育館(現:日本ガイシスポーツセンター)間の系統も設定されましたが、平成15年の再編で廃止され、代わって[支]栄~笠寺駅間の系統が登場しています。
停車するバス停は一般系統よりも少ないため、方向幕は停車する全てのバス停を表示する他、車内では注意を促す放送がされます。車両は基幹1号専用車の他、高速1号対応車が運用されます(全車鳴尾営業所所属)。本数は日中は[本]は1時間4本、[折][支]はおおむね1本ずつが運行されています。

バスコレ用に撮りまくった写真が大量にあるので、ネタがないときにまたやると思います・・・

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。