3501Fの雑記とかいろいろ

名古屋の大学生が市バス・名鉄バス・三重交通を中心にいろいろ書くブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大阪市営バス10月1日改正

え~、さすがに手抜きすぎましたね。2か月近く更新してない…
やっぱり月1ぐらいは更新できるようにしたいです。

気を取り直して、今回は大阪市営バスの10月ダイヤ改正について紹介します。

市バスの運行経路等が変わります(平成27年10月1日)(大阪市交通局公式ページ)

1.経路変更
今回の改正では、大阪市立クラフトパークへの乗り入れ終了に伴いクラフトパークを経由する61C・61D号系統が61A・61B号系統に吸収されます。また、クラフトパーク周辺での道路整備に伴い六反北口・長吉六反の停留所が移設されます。

2.ダイヤ変更
今回は経路変更を行った61A・61B号系統の他、41号系統の計3系統でダイヤが変更されます。

3.停留所の改称
今回は3か所の停留所で改称が行われます。

3-1.39号系統
福島郵便局前→大阪福島郵便局(おおさかふくしまゆうびんきょく)

3-2.84号系統
田中郵便局前→港田中郵便局(みなとたなかゆうびんきょく)
入舟郵便局→港入舟郵便局(みなといりふねゆうびんきょく)

今回はあまり動きのない改正ですね。そろそろ増車とか路線の拡充をですね・・・

スポンサーサイト

PageTop

大阪市営バス9月21日改正

平成26年9月21日からの市バスダイヤ、運行経路の変更等について(交通局公式ページ)

大阪市交通局は、9月1日に9月21日に行われるダイヤ変更について発表しました。今回はそれについて紹介します。

1.経路変更および系統の統廃合

1-1.18号系統
上本町6丁目~玉造間を延長し、北巽バスターミナル~大池橋~桃谷駅筋~鶴橋駅前~上本町6丁目~玉造のルートになります。

1-2.22号系統
鶴橋駅前~あべの橋間を経路変更し、あべの橋~寺田町~桃谷駅前~天王寺警察署前~上本町6丁目~鶴橋駅前~深江~諏訪神社前のルートになります。

1-3.44・84号系統
84号系統が44号系統を吸収し、84号系統:なんば~本田1丁目~弁天町駅前~地下鉄朝潮橋~八幡屋3丁目のルートになります。

1-4.51・74・98号系統
51号系統が98号系統の弁天町バスターミナル(廃止)~大正橋間を吸収し、51号系統:天保山~福崎2丁目~弁天町駅前~ドーム前千代崎のルートになります。74号系統は98号系統に改番されます。なお、51号系統と98号系統は一部の便で続行運転を行います。

2.停留所の新設・改称

今回のダイヤ変更では22号系統を中心に、14の停留所で計20か所が新設されます。また「桜島3丁目」(79号系統)が移設されます。さらに、「勝山3丁目」が「勝山4丁目」に改称されます。

3.停留所の廃止

今回のダイヤ変更で、弁天町バスターミナルが廃止されます。また、上本町4丁目(東行)が廃止となります。弁天町バスターミナルの代替として、「弁天町駅前」が新設されます。

4.ダイヤ変更

今回は15の系統でダイヤの変更が行われます。


なんか最近ダイヤ変更のたびにバスターミナルがなくなっているような気がしますね。確かにバスターミナルとは言えないレベルの本数だったりしますが。

PageTop

大阪市営バス復刻塗装車

先月23日、高校の卒業旅行にOBとして参加してきました。行先は橿原神宮、生駒聖天、なんばです。

なんばでの自由時間に改廃にかかる系統の市バスを撮影していたのですが、なんと
DSC_0717_convert_20140412230628.jpg
復刻塗装車に遭遇しました。

このカラーリングはワンマンカー初期の塗装で、その縞模様から通称「ゼブラバス」と呼ばれていたそうです。
大阪市営交通110周年記念事業の一環として、各営業所1台づつ計7台が活躍しています。
この車両は局番19-1417のいすゞエルガで、鶴町営業所に所属しています。

DSC_0719_convert_20140412230821.jpg
後部には110周年記念事業シンボルステッカー、右後尾灯下には往時の「しずかに」マークも再現されています。

DSC_0722_convert_20140412230847.jpg
側面はバス窓の窓割りも再現する気合の入れよう。ステッカー部分の窓は内側からちゃんと見えるようになっています。
あくまでラッピングなので、屋上機器は元の色のままです。

また大阪に行ったら乗り回しをやりたいですね。

PageTop

大阪市営バス4月1日ダイヤ改正(停留所編)

平成26年4月1日から、バスとバス・バスと地下鉄乗継のご利用方法が変わります(交通局公式ページ)

平成26年4月1日からの市バスダイヤ、運行経路の変更等について(交通局公式ページ)

今回は停留所についてと、乗継についてです。

1.停留所の新設・増設

今回、57の停留所が新設及び増設されます。

2.停留所の名称変更

以下の停留所で名称が変更されます。

加美神明東住宅前(かみしんめいひがしじゅうたくまえ:19号系統)
→加美東三丁目北(かみひがし3ちょうめきた)に変更

中島中学校前(なかじまちゅうがっこうまえ:11号、41号系統)
→東中島三丁目(ひがしなかじま3ちょうめ)に変更

加島三丁目(かしま3ちょうめ:97号系統)
→加島西(かしまにし)に変更

大阪駅前(おおさかえきまえ(警察前西行き・東行き))
→曽根崎警察署(そねざきけいさつしょ)に変更

天保山(てんぽうざん(観覧車下))
→天保山ハーバービレッジ(てんぽうざんはーばーびれっじ)に変更

豊里小学校前(とよさとしょうがっこうまえ(南行き・北行き北側))
→地下鉄だいどう豊里(ちかてつだいどうとよさと)に変更

針中野一丁目(はりなかの1ちょうめ(東行き西側・西行き))
→地下鉄駒川中野(ちかてつこまがわなかの)に変更

上本町六丁目(うえほんまち6ちょうめ)
南行き南側・北行き中→上本町六丁目南(うえほんまち6ちょうめみなみ)
東行き東側→上本町六丁目東(うえほんまち6ちょうめひがし)
北行き最南側→上本町七丁目北(うえほんまち7ちょうめきた)
にそれぞれ変更

また、2段停車する停留所ではどちらかの停留所に方角を追加します。
現在、案内放送では連続停車するバス停は「次は○○」→「続いて○○」のように案内しています。名古屋市では案内放送・表示において一部または両方に方角を追加していますが、そのようになるのでしょうか。

3.停留所の廃止

今回、139の停留所が廃止されます(一部廃止を含む)。

4.施設の廃止

今回のダイヤ変更で東成営業所と歌島橋バスターミナルが廃止されます。数年前まで11か所あった営業所は、これで7か所になります。

5.乗継券の廃止

4月1日より、バス乗継券およびバス・地下鉄乗継券が廃止されます。この日以後、乗継割引を受けるにはICカード・回数カード・レインボーカードでの利用が必要になります。



 乗継券廃止は現金利用者にとっては痛いでしょうね。まあ大体カードの方がお得だったりするので利用の促進もあったりするのでしょう。私は大抵一日乗車券ですが。
 民営化もずっと市議会で継続審議になってますね。推進派はいい加減諦めたらどうだ。

PageTop

大阪市営バス4月1日ダイヤ改正(路線編)

平成26年4月1日からの市バスダイヤ、運行経路の変更について(交通局公式ページ)

大阪市交通局が、4月1日に行われる市バスダイヤ改正の詳細を発表しました。かなり大規模な再編になるので、その内容を2回に分け紹介しようと思います。今回は系統の統廃合、改番についてです。

1.系統の廃止
まず、以下の系統が廃止されます。

7号:住吉川西~あべの橋
9A号:JR平野駅~近鉄八尾駅前
20号:弁天町バスターミナル~天保山
26号:あべの橋~住道矢田
47号:地下鉄住之江公園~あべの橋
49号:地下鉄住之江公園~平林北一丁目
68号:あべの橋~玉造~あべの橋
96号:大阪駅前~福町
99号:酉島車庫前~弁天町バスターミナル
105号:天満橋~なんば

これらの系統の廃止により、市バスは八尾市から撤退することになります。

2.系統の改番
以下の系統の番号が変更されます。

1A、1B、1C、1D号:出戸バスターミナル~長吉六反~出戸バスターミナル
→それぞれ61A、61B、61C、61D号に変更

49A、49B号:地下鉄住之江公園~平林駅前~地下鉄住之江公園
→49B号系統を廃止、49A号を49号に変更

103号:大阪駅前~なんば
→8号に変更

108号:鶴町四丁目~新千歳~なんば
→87号に変更

110号:守口車庫前~天満橋
→10号に変更

3.系統の統合
以下の系統が統廃合されます。

3-1.3A、3B号
 3A号が3B号を吸収し、新たに33号として運行されます。これにより、3B号の終点・川辺が廃止されます。

3-2.10、19、30号
 30号の終点が北巽バスターミナルから平野区役所前に変更、地下鉄南巽からは10号のルートを通ります。
 19号は起点を地下鉄今里に延長し、北巽バスターミナルを経由しないルートになります。
 これに伴い10号は30号に吸収される形をとります。

3-3.12、13、32号
 12号はあべの橋~生野区役所間を勝山一丁目経由のルートに変更します。
 13号は起点を地下鉄今里から北巽バスターミナルへ変更し、大池橋~北巽バスターミナル間は32号のルートを通ります。
 これにより、32号は12号、13号に吸収されます。

3-4.14、66号
 14号が66号を吸収し、14号は瓜破西一丁目を通るルートに変更されます。

3-5.21、28、45、46号
 21号は28号を吸収し、21号は起点を天満橋に変更した上で天満橋~放出住宅前間は28号のルートを通ります。
 45号は諸口を通るルートに変更され、46号は28号を補完するため徳庵駅口を通るルートになります。

3-6.4、40号
 4号が40号を吸収し、これにより住吉車庫前~出戸バスターミナル間を行き来する場合には千躰で乗り換えとなります。

3-7.110、110A号
 110A号は110号に吸収され、守口車庫前~総合医療センター前間を行き来する場合には地下鉄都島で乗り換えとなります。なお前述のとおり、110号は10号に改番となります。 

4.系統の新設
 新たに25号系統が設定されます。
 25号系統は地下鉄住之江公園から地下鉄玉出、播磨町をを経由し住吉車庫前へと向かう系統です。ルートは地下鉄住之江公園~播磨町間は3号系統、播磨町~住吉車庫前間は62号系統と同じルートをとるものとみられます。

5.系統の経路変更
以下の系統の運行経路が変更されます。

5-1.18、22号
 18号は終点が上本町六丁目から上本町一丁目に延長されます。
 22号は東成営業所閉所により、鶴橋駅前~東成車庫前間を廃止のうえ諏訪神社前~鶴橋駅前~天王寺区役所~あべの橋のルートに変更されます。

5-2.38、42、92、93号
 92号は終点が出来島駅前から福町に延長されます。
 歌島橋バスターミナル閉鎖により、42号は起点が歌島橋バスターミナルから大阪駅前に延長されます。また93号は終点が大阪駅前に変更されます。
 38号は野田阪神前行きが新たに西淀川区民ホール(新設)を経由します。

5-3.39号
 39号は新大阪駅北口~東淀川駅前間を廃止し、野田阪神前~十三~新大阪駅北口間の運行になります。

5-4.41号
 41号は東三国二丁目、東三国五丁目停留所を廃止、北中島小学校前~東三国井有間無停車になります。

5-5.44号
 44号は地下鉄朝潮橋~八幡屋三丁目間を新設したうえで、弁天町バスターミナル~地下鉄朝潮橋~八幡屋三丁目の運行になります。よって、大阪港咲洲トンネルを経由する系統が消滅します。

5-6.54B号
 54B号は阪南町五丁目~播磨町三丁目~地下鉄西田辺間を新設し、このルートを経由する系統を54D号系統として、経由しない系統を54B系統として運行します。

5-7.57号
 57号は毛馬橋~大阪駅前間を廃止、新たに大東町一丁目~毛馬中央公園~毛馬橋間を新設します。これにより57号系統は京橋駅前~地下鉄都島~毛馬中央公園~毛馬橋~赤川三丁目~地下鉄都島~京橋駅前間の運行になります。

5-8.79号
 79号は千鳥橋~此花区役所間を新設する千鳥橋~春日出南二丁目~此花区役所間のルートに変更し、さらに島屋~ユニバーサル・スタジオ・ジャパン間を廃止、島屋~安治川口駅前~桜島三丁目間を新設します。これにより、79号系統は西九条~千鳥橋~春日出南二丁目~此花区役所~島屋~安治川口駅前~桜島三丁目間の運行になります。

5-9.97号
 97号は加島西~神崎橋間を廃止します。これにより神崎橋停留所は廃止、97号系統は全便大阪駅前~加島駅前間の運行になります。

次回は停留所の新設・廃止について紹介します。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。