3501Fの雑記とかいろいろ

名古屋の大学生が市バス・名鉄バス・三重交通を中心にいろいろ書くブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

宇部市営バスの車両たち

というわけで宇部市営バス。宇部市は山口県で下関市、山口市に次ぐ第3の人口を擁し、かつては海底炭鉱で栄えた街です。その炭鉱を受け継いだ宇部興産の本社があり、宇部港のセメント輸出量は国内3位を誇ります。隣の山陽小野田市とともに工業都市としてのイメージがありますが、近年は彫刻など文化都市としてのまちづくりを進めています。中心市街地は宇部新川駅周辺にあります。

宇部線・小野田線に乗って来たついでに宇部新川駅前のバスターミナルで撮影しました。ちなみに本数が少なすぎて本山支線には乗ってません。

DSC_1923_convert_20120821221402.jpg
レインボーノンステップ。前面にあるエンブレムは宇部市の市章です。

DSC_1925_convert_20120821221432.jpg
多数を占めるいすゞジャーニー。八王子は東京ではありません。

DSC_1932_convert_20120821221506.jpg
緑帯が入ったタイプ。どこが違うんでしょう?

DSC_1936_convert_20120821221548.jpg
レインボーⅡ。ノンステップ車も少なからずいます。

DSC_1938_convert_20120821221630.jpg
エアロスターノーステップ。宇部市交で大型車は少数派です。前面の五角形のベースにはヘッドマークが入るそうです。

DSC_1940_convert_20120821221704.jpg
山口宇部空港へ向かう急行便です。側面に描かれた鳥は市内のときわ公園に住み市民に親しまれていたモモイロペリカンの「カッタ君」です。

DSC_1967_convert_20120821221735.jpg
西工車。これも中型車です。

DSC_1970_convert_20120821221804.jpg
キュービック。いすゞが多数派のようです。

DSC_1979_convert_20120821221847.jpg
東部市内循環線「めぐりーな」。エアロミディ小型が使用されています。

西鉄ネタもありますが・・・収拾つかなくなりそうなのでここまで。

スポンサーサイト

PageTop

サンデン交通の車両たち(富士重・西工・日野編)

というわけでサンデン交通第2弾。今回は日野・西工・富士重です。

DSC_2074_convert_20120820215146.jpg
日野と言えばブルーリボン。アルミサッシだったりメトロ窓だったり逆T字窓だったり引戸だったり折戸だったりもうぐちゃぐちゃです。

DSC_2066_convert_20120820215125.jpg
レインボーノンステップ。エアロミディに比べて尺が短いです。

DSC_2083_convert_20120820215339.jpg
準急秋芳洞行き。サンデンのノンステップ車のカラーリングはこの市立しものせき水族館・海響館のラッピング車がベースとされています。

DSC_2111_convert_20120820215241.jpg
富士重車体。おそらく日産シャーシかと思われます。行先の東駅にはサンデンの本社があります。

DSC_2036_convert_20120820214928.jpg
西工58MC。石原車庫は新下関営業所の最寄です。

DSC_2112_convert_20120820214951.jpg
西工96MC。ノンステップが地球にやさしいってどういうことなんでしょう?・・・他に福岡・天神からやってくる西鉄バスでも96MCを見ることが出来ます。

次回は宇部市営バスです。

PageTop

サンデン交通の車両たち(いすゞ・三菱編)

帰省のときに撮ってきた写真を公開しようと思います。まずは地元サンデン交通から。

〈サンデン交通について〉
サンデン交通は下関市を中心にバス路線を展開するバス会社で、1924年山陽電気軌道として創業しました。当初は鉄軌道事業も行っていましたが、1971年に最後まで残った軌道線を廃止しバス専業になり、社名をサンデン交通に改名しました。現在は下関市(主に旧下関市)を中心とする一般路線バスのほか、山口宇部空港・福岡・神戸・大阪への中長距離路線も展開しています。また日本で唯一ロンドンバスの定期運行を担当し、九州外で唯一SUNQパスが使用できる事業者でもあります。

能書きはここまでにして車両の紹介です。サンデンは譲渡車が多くバリエーションが非常に多いのでおそらくこれでも一部だと思われます。ここではいすゞ・三菱ふそう(純正車体)の車両を紹介します。
DSC_2104_convert_20120819215856.jpg
サンデンではメジャーなキュービック。多分一番多数派? この灰色地に屋根ベージュ、窓下にオレンジ、下半緑の塗装はサンデン創業以来のカラーリングです。凄くモデラー泣かせ・・・

DSC_2118_convert_20120819220031.jpg
方向幕周りの青いタイプ。おそらく国際興業からと思われます。

DSC_2001_convert_20120819220136.jpg
4枚折戸。サンデンにいる車両は大抵通風器が撤去されています。他には前後扉車もいます。

DSC_2106_convert_20120819220154.jpg
降車所の一つ山口銀行本店前にて。チョロQのようなエルガミオ小型。ノンステップ車ではこの塗装は少数派です。

DSC_2042_convert_20120819220340.jpg
三菱ふそうエアロスターM。サンデンの特徴にフロントに旗竿のような棒が付いています。

DSC_2052_convert_20120819220412.jpg
こっちは方向幕周りがブラックアウトした仕様です。前扉上に「サンデン交通」と書いてあります。ちなみにラッピングは山口朝日放送のものです。

DSC_2081_convert_20120819220453.jpg
この車のセーフティウインドーの小窓は元神奈中車でしょうか。ちなみに行先は市南西端にある島である竹の子島です。

DSC_2096_convert_20120819220529.jpg
角目のエアロスターK。少数派になった方向幕車です。

DSC_1985_convert_20120819220235.jpg
新型エアロスター。一昔前の三菱重工製クーラーを搭載しています。この車両も短尺標準尺が混在しています。

DSC_2065_convert_20120819220616.jpg
ノンステップ車。扉間の窓の大きさが不揃いですね・・・

DSC_2117_convert_20120819220819.jpg
エアロミディMK。ノンステップ車は大体紺一色です。ちなみにナンバープレートは1番。

次回は日野・富士重・西工車を紹介します。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。