3501Fの雑記とかいろいろ

名古屋の大学生が市バス・名鉄バス・三重交通を中心にいろいろ書くブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

全国バスコレクション・走行セットレビュー

というわけで、28日に発売になった全国バスコレクションと走行セットを買ってきました。
名古屋市営・大阪市営・名鉄・西鉄の4種類を買って来たので車両を紹介します。都営と広電は買ってません。

DSC_3973_convert_20130331225752.jpg
 名古屋市交通局エアロスターノンステップ。全国に先駆けて導入された所謂「ゲテノン」で、ワンステップ車の改造扱いとされています。モデルは浄心営業所・NF-26で、行先は幹名駅2号系統・野跡駅発名古屋駅行きが選択されています。

DSC_3972_convert_20130331225726.jpg
後ろから。運転手の名前を掲示するようになったごく近年の姿を再現しています。今までタイプで済まされていた名市交のノンステを細部まできっちり作ってきたのは感慨深いですね。一緒に並べる車両も作ってやりたいです。

DSC_3974_convert_20130331225809.jpg
大阪市交通局。平成24年度いっぱいで廃止になった港営業所の車両です。今回から大阪市交特有のタイヤカバーを別パーツで再現しています。コピーして他の車両に使うのも良いかもしれません。

DSC_3967_convert_20130331225608.jpg
名鉄バス。2005年式で、名鉄バス分社化後のこの年まで施された3色塗装です。PJ-代のリアの尿素注入口がない車体もちゃんと再現されています。第15弾と同様一宮営業所所属で、行先は宮田本郷発名鉄一宮駅行きです。しかしなぜメジャーじゃない行先を選ぶのか。謎です。

DSC_3969_convert_20130331225627.jpg
西鉄バス。土井営業所所属車です。一見前回のオリジナルセットと同じですが・・・

DSC_3970_convert_20130331225645.jpg
ここ。左が前回品、右が今回品です。シビリアンテール仕様を再現しています。

DSC_3971_convert_20130331225705.jpg
2台並べて。だから何だってわけではないですが。

全国バスコレクションは好スタートを切ったと思います。この調子で全国の車両を出して欲しいですね。

スポンサーサイト

PageTop

港のツーステップ車2態

今日はまた数を減らしたツーステップ車に乗るため、港区役所周辺へ行ってきました。

最初に乗ったツーステップ車は
MH-034-05_convert_20130325225109.jpg
日野レインボーRRです。平成12年式で、これもわずか2台しか在籍がありません。一昨年までは金山へも顔を出していました。

港区役所にはかつて市バス港営業所が隣接し、市電時代からの検修庫が特徴的でした。
DSC_3838_convert_20130325224536.jpg
跡地には十数台駐車可能な回転場が整備され、港区役所を発着する系統が使用しています。

周辺には車庫の痕跡がありました。
DSC_3846_convert_20130325225151.jpg
市内各所にある小型案内板です。なぜか撤去されず。

しばらく待つとツーステップ車が出庫してきたので、それに乗り終点のサンビーチ日光川へ向かいます。
DSC_3874_convert_20130325225003.jpg
このS-570は平成12年に導入された最後のツーステップCNG車で、系統一体型の方向幕が特徴です。

DSC_3863_convert_20130325224923.jpg
側面から。CNG車は屋根上のクーラーが目立ちます。

DSC_3862_convert_20130325224911.jpg
運転士側から。ルーバーはかなり細いですね。

サンビーチ日光川は「名古屋のワイキキ・ビーチ」を謳う市営プールで、淡水プールとしては国内最大級の面積を有します。夏季のみの営業で、昨年は13万人余りが来場しました。当然オフシーズンは周辺は空気輸送で、途中から運転手とツーリング状態でした・・・

DSC_3861_convert_20130325224229.jpg
ここには三重交通も乗り入れており、名鉄バスセンターまでの路線を運行しています。

DSC_3865_convert_20130325225330.jpg
バス停。ちなみに市バスは日中1時間間隔、三交は40分間隔です。

そう言えば最後のU-規制車だったN-257とお絵かきバスになっていたS-541が廃車、S-507は方向幕がLED化されたとか。これで大型ツーステップ車はいすゞ・日野の4台だけになりました。これからも出来る限り記録を続けたいですね。

PageTop

名古屋市営バス4月ダイヤ改正

市バスのダイヤ改正及び運行経路の一部変更等のお知らせ(交通局公式ページ)

4月1日、市バスでは1年ぶりとなる大規模なダイヤ改正を実施すると発表されました。今回はその内容を紹介します。

1.ダイヤ改正
 道路状況を踏まえ、ダイヤをおよそ半数の81系統で修正します。また、緑・鳴尾営業所への新車投入により緑営業所から大型ツーステップ車が消滅したため神宮11号系統を全車ノンステップ化するほか、幹築地1、高畑12、高畑13、徳重12、徳重14号系統でノンステップ車の運行頻度が拡大されます。

2.支線の新設
 幹原1、幹鳴子1、千種13号系統で支線が新設されます。
2-1.幹原1
 現在の地下鉄原~大根荘~ほら貝~相生山住宅・島田一ツ山の路線に加え、地下鉄原→ほら貝→篠の風北→鳴子みどりケ丘→ほら貝→地下鉄原の循環路線を新設します。同系統の篠の風北~ほら貝間は2年ぶりの復活になります。
2-2.幹鳴子1
 地下鉄鳴子北~緑市民病院~篭山西~地下鉄徳重・大清水の路線に加え、地下鉄鳴子北→篭山西→篭山→大清水西→篭山西→地下鉄鳴子北の循環路線を新設します。
2-3.千種13
 現在のルートのほか、今池~仲田本通~東部医療センター~都通二を経由する支線を新設します。日中は全て東部医療センター経由になります。

3.停留所の新設・名称変更
 富田巡回に「宮田荘」が新設されるほか、守山市民病院の民間移譲により「守山市民病院」を「金屋」(ゆとり―とライン)、「大牧町」(守山巡回)に変更します。ほか10停留所で名称の変更が行われます。

 地下鉄の新線建設もひと段落し、この先大幅な系統変更はあまり無いと思われます。次に大きな変更があるとすれば6年後の新車投入開始後でしょうか。 

PageTop

大阪滞在中に撮った写真その3・阪急神戸線

第3回。今回は阪急の名前のルーツである神戸線です。

DSC_3458_convert_20130315224946.jpg
8000系。8002Fは神戸線に2本しかいないセミクロスシート編成です。

DSC_3573_convert_20130315225130.jpg
今津北線仁川行き3000系。仁川発着は阪神競馬でのレース開催日のみの運転です。

DSC_3576_convert_20130315225251.jpg
今津南線6000系。南側は全列車ワンマン対応車での運行です。

DSC_3587_convert_20130315225737.jpg
甲陽線6000系。車両は今津南線と共通になっています。

DSC_3605_convert_20130315225832.jpg
伊丹線3100系。3101Fは伊丹線で唯一方向幕を装備する車両です。

DSC_3608_convert_20130315225854.jpg
数少なくなった方向幕未搭載車。一昔前の阪急スタイルですね。

DSC_3613_convert_20130315230004.jpg
最新鋭9000系。神戸線の特急から普通までこなします。

DSC_3661_convert_20130315230031.jpg
新開地行き特急7000系。リニューアル車は撮れず・・・

次回は近鉄です。

PageTop

大阪滞在中の写真その2・阪急宝塚線

今回は阪急のルーツである宝塚線系統です。
DSC_3463_convert_20130311222921.jpg
最後の2000系が組み込まれた3000系3066F。平井車庫製の角張ったスカートが特徴的です。

DSC_3563_convert_20130311223143.jpg
箕面線用3074F。支線区でも終日10分間隔なのは便利ですね。

DSC_3612_convert_20130311223217.jpg
十三を発車する梅田行き急行。元々6000系となるはずが大阪市交60系との番号重複を避けて5100系になったとか。

DSC_3557_convert_20130311223052.jpg
6000系宝塚行き急行。この車両は運転士側のワイパーが黒色になっています。

DSC_3658_convert_20130311223406.jpg
6000系リニューアル車。6007Fは2200系からの編入車と暫定T車を組み込んだバラエティある編成です。

DSC_3647_convert_20130311223331.jpg
阪急では最大の車両数を誇る7000系。宝塚線では少数派です。

DSC_3451_convert_20130311222858.jpg
雲雀丘花屋敷行き8000系。能勢電鉄直通対応の2本アンテナが特徴的です。

DSC_3556_convert_20130311223035.jpg
神宝線最新の9000系。阪急初のフルカラーLED方向幕が採用されています。フォントも幕に似せるところは阪急の意地というか。

DSC_3662_convert_20130311223450.jpg
梅田で並ぶ9000系。数も増えました。

次回は神戸線です。

PageTop

大阪滞在中の写真その1・阪急京都線

まずは第1弾。阪急電車です。
阪急は関西私鉄の中でも一番好きな会社なので、今回一気に全線走破しました。

その中で撮った写真のうち、今回は京都本線系統のものを紹介します。
DSC_3664_convert_20130308221612.jpg
まずは特急の主力9300系。8000系列で試行錯誤した前面デザインの完成形とでも言いましょうか。9300Fは独立したヘッドライトが特徴的です。

DSC_3447_convert_20130308221717.jpg
梅田駅1号線に到着した9303F。形態としてはこれが多数派。

DSC_3651_convert_20130308221153.jpg
8300系トップナンバー。空気抵抗なんか知ったこっちゃないと言わんばかりの額縁スタイル。

DSC_3672_convert_20130308221356.jpg
8332F。2次車からはくの字型に傾斜したスタイルになりました。

DSC_3632_convert_20130308221740.jpg
河原町で発車を待つ6300系「京とれいん」。梅田までやってくる最後の生き残りです。室内はリニューアルされてもアルミのよろい戸は健在。

DSC_3668_convert_20130308221447.jpg
梅田駅3号線に入った5300系準急。京都線で最初にトップナンバーを0から振るようになった形式だとか。

DSC_3646_convert_20130308221050.jpg
最初の地下鉄堺筋線直通対応車3300系。昭和42年が製造初年ですが全車健在です。

DSC_3675_convert_20130308221314.jpg
リニューアル車。ドア窓だけでかいと何か微妙ですね・・・5000系みたいに顔まで変えた方がしっくりくるんですが。

次回は神宝線系統の車両です。

PageTop

更新再開。

DSC_3479_convert_20130303225431.jpg
というわけで、本日帰還いたしました。

滞在中に撮った鉄道・バスの写真をこれから公開していこうと思います。


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。