3501Fの雑記とかいろいろ

名古屋の大学生が市バス・名鉄バス・三重交通を中心にいろいろ書くブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

名古屋市営バス平成26年4月ダイヤ改正

市バスのダイヤ改正及び運行経路の一部変更等のお知らせ(交通局公式ページ)

この前大阪市営バスのダイヤ改正について紹介しましたが、昨日名古屋市交通局も市バスダイヤ改正の概要を発表したので紹介します。(下線部3/23追記)
1.時刻変更
 今回は125の系統で時刻の変更が行われます。また、幹高畑1号系統と栄758号系統の全便がノンステップバスでの運行となります。

2.系統名の変更
 今回の改正で、要町11号系統(要町~名鉄有松~有松町口無池)が有松12号系統に名称変更となります。これにより、16年続いた要町を冠する系統は消滅します。

3.停留所の移転・新設
 今回の改正では、
 「平田住宅」(ひらたじゅうたく)
 「富田高校」(とみだこうこう)
 「熱田西町」(あつたにしまち)
 「熱田生涯学習センター」(あつたしょうがいがくしゅうセンター)
 「上飯田南町」(かみいいだみなみまち)
 の5停留所が新設されます。このうち、平田住宅は回転場の移転によるものです。

4.停留所名の変更
 以下の停留所が名称変更されます。
 
 「平田住宅」(現行)
 →「浮野町」(うきのちょう)に変更

 「済生会病院」(さいせいかいびょういん)
 →「済生会リハビリ病院」(さいせいかいリハビリびょういん)に変更

 「大当郎橋」(だいとうろうばし)
 →「大当郎二丁目」(だいとうろう2ちょうめ)に変更
 現在2段停車している大当郎橋停留所のうち、西側の停留所が対象になります。

 「大根荘」(おおねそう)
 →「おおね荘」(おおねそう)に変更
 市営島田団地おおね荘と同じ表記に変更されます。

 「平針住宅口」(ひらばりじゅうたくぐち)
 →「平針中学校」(ひらばりちゅうがっこう)に変更

 「向ノ山」(むかいのやま)
 →「向が丘」(むかいがおか)に変更

 「ランの館」(ランのやかた)
 →「矢場町」(やばちょう)に変更
 現在、この停留所は栄758号系統のみ「ランの館」、その他の系統は「矢場町(ランの館)」として案内していますが、この名古屋市のテーマパーク「ランの館」閉館に伴い、全系統が「矢場町」として案内します。ちなみにランの館は閉館後整備を行い、久屋大通庭園として無料開放される予定です。

 「大野木一丁目」(おおのぎ1ちょうめ)
 →「歌里町」(うたさとちょう)に変更
 
 「上野公園前」(うえのこうえんまえ)
 →「上野公園」(うえのこうえん)に変更

 「廿軒家小学校前」(にじっけんやしょうがっこうまえ)
 →「廿軒家小学校」(にじっけんやしょうがっこう)に変更

 「平針小学校前」(ひらばりしょうがっこうまえ)
 →「平針小学校」(ひらばりしょうがっこう)に変更

5.系統の新設
 新たに出入庫系統として、「緑.地原」系統が新設されます。
 ルートは地下鉄原からおおね荘、島田黒石、熊の前を経由して緑車庫へと向かいます。殆どの区間で原11号系統と重複するので、実質この系統の支線と言って良いでしょう。なお、この系統は地下鉄原行きのみ平日7本、土休日3本が運行されます。

6.経路変更・支線の新設
 以下の系統で、経路変更または支線の新設が行われます。
 
6.1.幹築地1
 幹築地1号系統では、名古屋港~稲永町~稲永スポーツセンター間の支線がフェリーふ頭まで延長されます。これにより、名古屋港~稲永町~稲永スポーツセンター~フェリーふ頭という経路になります。この支線は平日9~17時台に運行されます。同時に稲永スポーツセンター止まりの支線は廃止となります。

6.2.名駅26
 名駅26号系統では、平田住宅回転場の移転により、平田住宅(現行)を経由しない経路になります。

6.3.栄11
 栄11号系統では、平田住宅回転場の移転により、浮野町(現:平田住宅)~平田住宅間が延長されます。また、栄~如意車庫前間の支線が8~16時台に限り如意車庫前~如意住宅間を延長運行します。

6.4.金山22
 金山22号系統では、地下鉄高畑~寺腰~供米田中学校~春田駅~寺腰~地下鉄高畑間の支線が新設されます。

6.5.小田12
 小田12号系統では、平田住宅回転場の移転により、起終点が(新)平田住宅に変更となります。

6.6.北巡回
 北巡回系統では、上飯田西町~平安通~大曽根間の経路が変更され、黒川~西部医療センター~光音寺町~金田町二~辻町~若葉通~平安通~上飯田~山田~大曽根~北区役所~黒川間の運行になります。

6.7.山田巡回
 山田巡回系統では、平田住宅回転場の移転により、平田住宅(現行)を経由しない経路になります。

6.8.熱田巡回
 熱田巡回系統では、名古屋国際会議場~熱田駅西間の経路が変更され、神宮東門~熱田区役所~船方~日比野~野立小学校~金山南口~熱田プール~熱田区役所~神宮東門間の運行になります。これにより、地下鉄西高蔵・旗屋二丁目の両停留所が廃止されます。

6.9.志段味巡回
 志段味巡回系統では、新東谷橋南~所下間の経路が変更され、小幡~守山区役所南~喜多山~大森~印場駅~東尾張病院南~吉根住宅~志段味サイエンスパーク~志段味支所~雨池~南原~新東谷橋南~高蔵寺~東谷山フルーツパーク間の運行になります。これにより、市バスの一般系統が初めて春日井市に進出します(ゆとりーとラインを除く)。

6.10.名東巡回
 名東巡回系統では、下坪~香流小学校間の経路が変更され、星ヶ丘~西山小学校~西山住宅~名東福祉会館~一社~上社~名東区役所~名東図書館~引山~下坪~猪高車庫間の運行になります。

6.11.平針11
 平針11号系統では、地下鉄平針~神の倉折返しの支線が新設されます。この便は平針住宅折返しの便を延長する形となり、平日神の倉行き3本、地下鉄平針行き2本、土休日2往復が運行されます。

6.12.栄18、昭和巡回
 栄18号系統と昭和巡回系統では、経路変更により西行きも新たに川原通を経由します。停留所には変更ありません。

7.停留所の増設
 以下の停留所が増設されます。

 「彩紅橋通」
 →巡回系統専用停留所から一般停留所に昇格、新たに4系統が停車

 「供米田三丁目」
 →金山22号系統支線新設により停留所増設、富田巡回が2段停車化

 「大森住宅」
 →6番乗り場を新設、3系統が2段停車



 

 今回は色々と目立つ変更が多いですね。停留所の廃止は平成23年3月の内浜町以来でしょうか。

スポンサーサイト

PageTop

名市交NS-7(いすゞKC-LV832L改) 完成

改造バスコレの1台目が出来上がったので公開です。

DSC_0655_convert_20140317224708.jpg
まずは前から。行先は現役当時よく運用に入っていた金山25号系統・野跡行きです。フォグランプはGMエアロスターのステッカーを使用。ナンバープレートも今回きちんと作ってみました。車いすマークはトレジャータウンのインレタを使用しています。

DSC_0656_convert_20140317224839.jpg
公式側側面。タイヤはきちんとノンステ用扁平タイヤに交換。タイヤホイールはGM白3号→GM近鉄ダークブルーで塗装しています。車内の座席は前後を適宜削ってはめ込んでいます。

DSC_0657_convert_20140317224918.jpg
後部。非公式側ガラスは京成バスのものを使用。一部塗装を落としています。後部のLED表示器はフォグランプ同様、GMエアロスターのステッカーを使用しています。

DSC_0658_convert_20140317225028.jpg
非公式側。前と横でストライプがずれているのは仕様です。

 実車のNS-7は平成12年6月に導入され、港営業所に配属されました。港閉所後は鳴尾営業所に転属して活躍しました。初期CNGノンステップ、交通局唯一の短尺、シート配置など名市交では相当な異端車で、使い勝手もあまり良くなかったらしく、平成20年には営業離脱のうえ研修車に転用されています。ただ研修車としてもあまり使われていないようで・・・ちなみに今年は結構走っていたようです。

 1台目にしては上手く出来たと思います。キュービックCNGノンステをもう1台作ろうと思ったら大阪市営で。正直、名古屋市営に比べてノンステップ車は大阪市営の方が尺弄らなくて良いだけやり易いんですよね・・・

過去記事はこちら

PageTop

祝・10000アクセス達成

2012年から始めたこのブログ、本日を以て10000アクセスを達成しました!

あともう少しで開設から2年になるので、年平均5000アクセスといったところでしょうか。こんなブログでも見てくれる人がいるというのはありがたいですね。

これからも趣味を前面に出していこうと思っておりますので、どうぞよろしくお願いします。

H26.3.16 3501F

PageTop

名市交NS-7(いすゞKC-LV832L改) 仮完成

バスコレ改造の1台目が仮完成したので公開します。

DSC_0649_convert_20140311225825.jpg
まずは前から。帯にはガイアノーツ「おうちdeデカール(クリアタイプ)」を使用しました。思ったより上手くいきましたね。前と横でストライプがずれてるのは設計上どうしようもないのであきらめました。非公式側は運転席だけガラスを入れている状態です。

DSC_0650_convert_20140311225859.jpg
公式側側面。靴ずりとタイヤハウスはこれから色入れをします。LED方向幕になってますが上からステッカーを貼るので放置。

DSC_0651_convert_20140311225932.jpg
後部。窓は開口部をプラ板で縮小し、日野7Eの窓を現物合わせではめ込んでいます。行先が十日町になってますが気にしない。

使用した主なパーツは以下の通りです。
・エルガ未塗装バス
 これはベースとなります。未塗装でなくてもType-Bなら何でもいいです。この頃の製品はクーラーが接着されてるので頑張って引っぺがしてください。
・キュービック(京成バス)
 前面、後部を使用します。これはU-規制の車両ならどれでもいいです。改造後のバンパーは取れやすいので注意です。
・CNGタンク
 東武バスからの流用です。例によって接着されているのでボスを崩壊させないように外してください。
・クーラー
 トレジャータウン製のクーラーを使用。プライマーを筆塗りしてから塗装しています。

この後、前面車いす表記、方向幕ステッカー貼り付け等を行なって完成です。完成したらまた公開します。

PageTop

八草みずき記念カードを買ってきた

今日、藤が丘へ行ってこんなのを買ってきました。

DSC_0648_convert_20140310002218.jpg
東海3県の鉄道むすめ、愛知高速交通「八草みずき」の記念リニモカードです。

名前は八草駅とはなみずき通駅から採られています。リニモの貸切運転や手動運転の際に乗務する添乗員だそうです。

リニモも万博後から経営難が続いているので、こういった策に打って出たんでしょうかね。ちなみにこのリニモカード、かつてマナカ導入前に存在した愛知県の民営・公営鉄道事業者共通カード「トランパス」の生き残りです。リニモは資金不足からか未だにマナカに参入していないため、このカードの発行を続けています。

このカードの価格は1000円、藤が丘駅と八草駅の窓口および公式ネットショップ「リニモ屋」で限定500枚発売です。他のリニモグッズともども一つ買ってあげて下さい。

PageTop

大阪市営バス4月1日ダイヤ改正(停留所編)

平成26年4月1日から、バスとバス・バスと地下鉄乗継のご利用方法が変わります(交通局公式ページ)

平成26年4月1日からの市バスダイヤ、運行経路の変更等について(交通局公式ページ)

今回は停留所についてと、乗継についてです。

1.停留所の新設・増設

今回、57の停留所が新設及び増設されます。

2.停留所の名称変更

以下の停留所で名称が変更されます。

加美神明東住宅前(かみしんめいひがしじゅうたくまえ:19号系統)
→加美東三丁目北(かみひがし3ちょうめきた)に変更

中島中学校前(なかじまちゅうがっこうまえ:11号、41号系統)
→東中島三丁目(ひがしなかじま3ちょうめ)に変更

加島三丁目(かしま3ちょうめ:97号系統)
→加島西(かしまにし)に変更

大阪駅前(おおさかえきまえ(警察前西行き・東行き))
→曽根崎警察署(そねざきけいさつしょ)に変更

天保山(てんぽうざん(観覧車下))
→天保山ハーバービレッジ(てんぽうざんはーばーびれっじ)に変更

豊里小学校前(とよさとしょうがっこうまえ(南行き・北行き北側))
→地下鉄だいどう豊里(ちかてつだいどうとよさと)に変更

針中野一丁目(はりなかの1ちょうめ(東行き西側・西行き))
→地下鉄駒川中野(ちかてつこまがわなかの)に変更

上本町六丁目(うえほんまち6ちょうめ)
南行き南側・北行き中→上本町六丁目南(うえほんまち6ちょうめみなみ)
東行き東側→上本町六丁目東(うえほんまち6ちょうめひがし)
北行き最南側→上本町七丁目北(うえほんまち7ちょうめきた)
にそれぞれ変更

また、2段停車する停留所ではどちらかの停留所に方角を追加します。
現在、案内放送では連続停車するバス停は「次は○○」→「続いて○○」のように案内しています。名古屋市では案内放送・表示において一部または両方に方角を追加していますが、そのようになるのでしょうか。

3.停留所の廃止

今回、139の停留所が廃止されます(一部廃止を含む)。

4.施設の廃止

今回のダイヤ変更で東成営業所と歌島橋バスターミナルが廃止されます。数年前まで11か所あった営業所は、これで7か所になります。

5.乗継券の廃止

4月1日より、バス乗継券およびバス・地下鉄乗継券が廃止されます。この日以後、乗継割引を受けるにはICカード・回数カード・レインボーカードでの利用が必要になります。



 乗継券廃止は現金利用者にとっては痛いでしょうね。まあ大体カードの方がお得だったりするので利用の促進もあったりするのでしょう。私は大抵一日乗車券ですが。
 民営化もずっと市議会で継続審議になってますね。推進派はいい加減諦めたらどうだ。

PageTop

大阪市営バス4月1日ダイヤ改正(路線編)

平成26年4月1日からの市バスダイヤ、運行経路の変更について(交通局公式ページ)

大阪市交通局が、4月1日に行われる市バスダイヤ改正の詳細を発表しました。かなり大規模な再編になるので、その内容を2回に分け紹介しようと思います。今回は系統の統廃合、改番についてです。

1.系統の廃止
まず、以下の系統が廃止されます。

7号:住吉川西~あべの橋
9A号:JR平野駅~近鉄八尾駅前
20号:弁天町バスターミナル~天保山
26号:あべの橋~住道矢田
47号:地下鉄住之江公園~あべの橋
49号:地下鉄住之江公園~平林北一丁目
68号:あべの橋~玉造~あべの橋
96号:大阪駅前~福町
99号:酉島車庫前~弁天町バスターミナル
105号:天満橋~なんば

これらの系統の廃止により、市バスは八尾市から撤退することになります。

2.系統の改番
以下の系統の番号が変更されます。

1A、1B、1C、1D号:出戸バスターミナル~長吉六反~出戸バスターミナル
→それぞれ61A、61B、61C、61D号に変更

49A、49B号:地下鉄住之江公園~平林駅前~地下鉄住之江公園
→49B号系統を廃止、49A号を49号に変更

103号:大阪駅前~なんば
→8号に変更

108号:鶴町四丁目~新千歳~なんば
→87号に変更

110号:守口車庫前~天満橋
→10号に変更

3.系統の統合
以下の系統が統廃合されます。

3-1.3A、3B号
 3A号が3B号を吸収し、新たに33号として運行されます。これにより、3B号の終点・川辺が廃止されます。

3-2.10、19、30号
 30号の終点が北巽バスターミナルから平野区役所前に変更、地下鉄南巽からは10号のルートを通ります。
 19号は起点を地下鉄今里に延長し、北巽バスターミナルを経由しないルートになります。
 これに伴い10号は30号に吸収される形をとります。

3-3.12、13、32号
 12号はあべの橋~生野区役所間を勝山一丁目経由のルートに変更します。
 13号は起点を地下鉄今里から北巽バスターミナルへ変更し、大池橋~北巽バスターミナル間は32号のルートを通ります。
 これにより、32号は12号、13号に吸収されます。

3-4.14、66号
 14号が66号を吸収し、14号は瓜破西一丁目を通るルートに変更されます。

3-5.21、28、45、46号
 21号は28号を吸収し、21号は起点を天満橋に変更した上で天満橋~放出住宅前間は28号のルートを通ります。
 45号は諸口を通るルートに変更され、46号は28号を補完するため徳庵駅口を通るルートになります。

3-6.4、40号
 4号が40号を吸収し、これにより住吉車庫前~出戸バスターミナル間を行き来する場合には千躰で乗り換えとなります。

3-7.110、110A号
 110A号は110号に吸収され、守口車庫前~総合医療センター前間を行き来する場合には地下鉄都島で乗り換えとなります。なお前述のとおり、110号は10号に改番となります。 

4.系統の新設
 新たに25号系統が設定されます。
 25号系統は地下鉄住之江公園から地下鉄玉出、播磨町をを経由し住吉車庫前へと向かう系統です。ルートは地下鉄住之江公園~播磨町間は3号系統、播磨町~住吉車庫前間は62号系統と同じルートをとるものとみられます。

5.系統の経路変更
以下の系統の運行経路が変更されます。

5-1.18、22号
 18号は終点が上本町六丁目から上本町一丁目に延長されます。
 22号は東成営業所閉所により、鶴橋駅前~東成車庫前間を廃止のうえ諏訪神社前~鶴橋駅前~天王寺区役所~あべの橋のルートに変更されます。

5-2.38、42、92、93号
 92号は終点が出来島駅前から福町に延長されます。
 歌島橋バスターミナル閉鎖により、42号は起点が歌島橋バスターミナルから大阪駅前に延長されます。また93号は終点が大阪駅前に変更されます。
 38号は野田阪神前行きが新たに西淀川区民ホール(新設)を経由します。

5-3.39号
 39号は新大阪駅北口~東淀川駅前間を廃止し、野田阪神前~十三~新大阪駅北口間の運行になります。

5-4.41号
 41号は東三国二丁目、東三国五丁目停留所を廃止、北中島小学校前~東三国井有間無停車になります。

5-5.44号
 44号は地下鉄朝潮橋~八幡屋三丁目間を新設したうえで、弁天町バスターミナル~地下鉄朝潮橋~八幡屋三丁目の運行になります。よって、大阪港咲洲トンネルを経由する系統が消滅します。

5-6.54B号
 54B号は阪南町五丁目~播磨町三丁目~地下鉄西田辺間を新設し、このルートを経由する系統を54D号系統として、経由しない系統を54B系統として運行します。

5-7.57号
 57号は毛馬橋~大阪駅前間を廃止、新たに大東町一丁目~毛馬中央公園~毛馬橋間を新設します。これにより57号系統は京橋駅前~地下鉄都島~毛馬中央公園~毛馬橋~赤川三丁目~地下鉄都島~京橋駅前間の運行になります。

5-8.79号
 79号は千鳥橋~此花区役所間を新設する千鳥橋~春日出南二丁目~此花区役所間のルートに変更し、さらに島屋~ユニバーサル・スタジオ・ジャパン間を廃止、島屋~安治川口駅前~桜島三丁目間を新設します。これにより、79号系統は西九条~千鳥橋~春日出南二丁目~此花区役所~島屋~安治川口駅前~桜島三丁目間の運行になります。

5-9.97号
 97号は加島西~神崎橋間を廃止します。これにより神崎橋停留所は廃止、97号系統は全便大阪駅前~加島駅前間の運行になります。

次回は停留所の新設・廃止について紹介します。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。