3501Fの雑記とかいろいろ

名古屋の大学生が市バス・名鉄バス・三重交通を中心にいろいろ書くブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

名古屋市営バス平成28年4月1日改正

市バスの運行経路の一部変更をはじめとしたダイヤ改正について(交通局公式ページ)

 交通局から、新年度に合わせて行われる市バスダイヤ改正の概要が発表されました。今回はそれについて紹介します。

1.経路変更、系統新設(太字は経路変更部分)
 1.1 名駅15
  名駅15は砂田橋発着の支線を茶屋ヶ坂まで延伸するとともに、黒川~茶屋ヶ坂間の支線を新設します。経路は
 名古屋駅~押切町~浄心町~黒川~平安通~大曽根~大幸~砂田橋~大幸東団地~茶屋ヶ坂
 となります。なお、砂田橋~大幸東団地は平成15年の再編以来の復活となります。

 1.2 中村12
  中村12は服部一丁目~服部二丁目の経路を変更し、
 中村公園~地下鉄岩塚~万場大橋~吉津一~服部一~松下~東春田~春田駅~富田図書館~服部二~服部
 の経路になります。

 1.3 中村13
  中村13は中村区役所発着の経路を変更し、
 稲西車庫~鴨付町~中村公園~大門通~中村区役所~笈瀬通~名古屋駅(太閤通口)~鷹羽町~中村区役所~稲西車庫
 の循環経路になります。

 1.4 中川巡回
  中川巡回は五女子~八幡西通の経路を変更し、
 地下鉄高畑~小本駅~長良橋~五女子~名鉄山王~八幡西通~尾頭橋~牛立町~中野橋~宮脇町~荒子駅~地下鉄高畑
 の経路になります。

 1.5 志段味巡回および印.高
  志段味巡回および印.高は勝手塚~大久手池の経路を変更し、
 志段味巡回:東谷山フルーツパーク~高蔵寺~勝手塚~志段味大塚古墳~大久手池~志段味支所~印場駅~小幡
 印.高:印場~長廻間~志段味支所~大久手池~志段味大塚古墳~勝手塚~高蔵寺
 の経路になります。

 1.6 幹原1
  幹原1は地下鉄原~鳴子みどりケ丘~相川三~島田一ツ山の支線を新設します。
 現在、当系統には地下鉄原→地下鉄相生山→鳴子みどりケ丘→地下鉄原の左まわり循環支線がありますが、この改正で
 始発~8時台、17時台~終車:左まわり循環支線
 9時台~16時台:地下鉄原~鳴子みどりケ丘~相川三~島田一ツ山
 と、時間帯により分かれて運行します。
  なお、地下鉄原~地下鉄相生山~相生山住宅・島田一ツ山の経路は変更ありません。

 1.7 栄20
  栄20は栄~御器所通の支線を新設します。この系統は出入庫を兼ねて早朝・深夜に運行されます。
 既存の栄~新瑞橋・瑞穂運動場東の経路は変更ありません。

 1.8 小田11
  小田11は上小田井駅~大我麻町の支線を新設します。この支線の新設は、当系統の楠担当分の出入庫と思われます。
 既存の上小田井駅~大我麻町~如意車庫前・如意住宅の経路は変更ありません。 

 1.9 有松12
  有松12は鳴尾車庫~名鉄有松の支線を新設します。
 既存の要町・鳴尾車庫~大慶橋~平部~名鉄有松~郷前~有松町口無池の経路は変更ありません。

 1.10 植田12
  植田12は地下鉄植田→西浦→天白公園→島田→塩釜口→植田寮→焼山→樋入→地下鉄植田の支線を新設します。
 この便は平日8時台に1本運行されます。既存のその他の経路は変更ありません。
 なお、坂海戸へは天白公園を出た後に停車します。

 1.11 猪.星
  猪.星は猪高車庫→一社→西山住宅→植園町→藤巻→西山本通三→星ヶ丘の支線を新設します。
 この便は平日・土曜の8時台に1本運行されます。これにより、星丘13の星ヶ丘→植園町→星ヶ丘の循環支線が廃止されます。

 1.12 御.金
  今回の改正で2つ出入庫系統が新設されます。
 1つ目の御.金は御器所通~桜山~滝子~高辻~沢上町~金山の経路で運行されます。
 なお、この系統は平成6年の桜通線野並開業で廃止されて以来の復活となります。

 1.13 森.藤
  新設される出入庫系統の2つ目は森.藤です。経路は
 大森車庫~大森~印場駅~四軒家~藤が丘です。
 
2.ダイヤ改正
 2.1 ダイヤ変更
  今回は運行実態を踏まえ、全163系統中145系統および12の出入庫系統でダイヤ変更が行われます。

 2.2 運行回数の増加
  今回は以下の15系統および4の出入庫系統で増便が行われます。

  2.2.1 増回
   幹砂田1、名駅13、名駅15、栄25、星丘11、中村13、曽根13、原11、平針11、神宮12、新瑞13、守山11、徳重13、
   中.港、猪.星、猪.名、中.畑

  2.2.2 運行区間延長による増便
   幹栄1、名駅25、曽根13、平針11

 2.3 終車繰り下げ
  今回は7系統で終車が繰り下げられ、栄から1本遅い地下鉄でも接続できるようになります。
  対象は黒川11、幹中村1、幹神宮1(東海通乗り継ぎ)、藤丘12、幹本郷1、平針11、幹鳴子1です。

 2.4 基幹1の停留所増加
  今回の改正で、基幹1は新たに円上、千竈通五丁目に停車します。

 2.5 西部医療センターへの乗り入れ時間拡大
  現在西部医療センターへ乗り入れている幹栄1、栄11の乗り入れ時間を拡大し、最終時刻が最大57分繰り下げられます。

3.停留所の新設、改称など
 3.1 停留所の新設
  今回、以下の停留所が新設されます。
 「名鉄山王」(めいてつさんのう)
 「露橋公園」(つゆはしこうえん)
 「露橋二丁目」(つゆはし2ちょうめ)
 「志段味大塚古墳」(しだみおおつかこふん)
 「大久手池東」(おおくていけひがし)
 「岩戸町」(いわとちょう)
 「高島一丁目」(たかしま1ちょうめ)

 3.2 停留所の改称
  今回、以下の停留所が改称されます。
 「古渡町北」→「橘町大木戸」(たちばなちょうおおきど)
 「城山病院前」→「県精神医療センター」(けんせいしんいりょうせんたー)
 「おおね荘(北)」→「おおね荘東」(おおねそうひがし)
 「鶴舞公園北口(東行き)」→「名大病院」(めいだいびょういん)
 
 3.3 停留所の増設
  今回、以下の停留所が増設されます。
 「おおね荘東」(南行き)
 「島田一ツ山」(降車停)

 今回の改正もなかなか大規模ですね。個人的には名古屋駅太閤通口は深夜バスのバス停を使うとか植田12の整理とか幹原1の鳴子北への接続とか言いたいことは色々ありますが…

スポンサーサイト

PageTop

名鉄、全駅で駅ナンバリング導入へ

名古屋鉄道の全駅で「駅ナンバリング」を導入します(名鉄公式PDF)

 地下鉄や関東、関西の大手私鉄を中心に導入が進められている駅ナンバリング。東海地方では名古屋市営地下鉄やあおなみ線等、昨年には近鉄にも導入されました。そして今年、伊勢志摩サミットの開催を控えて名鉄でも導入されることが発表されました。
 導入対象は全275駅、各駅ごとにアルファベット2文字と2ケタの数字で表します。数字は名古屋本線は豊橋から、その他の路線はおおむね名古屋本線に近い側から順に振られています。分岐点となる駅でもナンバリングは1つです。これらは従来から使用している方面別カラーを用いて、路線図や駅名標に今月中旬から順次表示される予定です。

 こういったことはしなさそうな名鉄もついにといった感がありますね。それはそうとそろそろダイヤ改正とかあってもいいと思うんですが。

 参考までに、ナンバリングの各線のアルファベットと該当区間を紹介しておきます。
  名古屋本線…「NH」(Nagoya Honsen) (豊橋~名鉄岐阜)
  豊川線…「TK」(ToyoKawa) (八幡~豊川稲荷)
  三河線(海線)…「MU」(Mikawa Umi) (重原~碧南)
  西尾線・蒲郡線…「GN」(Gamagori, Nishio) (北安城~蒲郡)
  三河線(山線)…「MY」(Mikawa Yama) (三河知立~猿投)
  豊田線…「TT」(ToyoTa) (上豊田~赤池)
  常滑線・空港線…「TA」(Tokoname, Airport) (豊田本町~中部国際空港)
  河和線・知多新線…「KC」(Kowa, Chita) (高横須賀~河和、上野間~内海)
  津島線・尾西線…「TB」(Tsushima, Bisai) (甚目寺~弥富)
  尾西線…「BS」(BiSai) (町方~玉ノ井)
  竹鼻線・羽島線…「TH」(Takehana, Hashima) (西笠松~新羽島)
  犬山線…「IY」(InuYama) (下小田井~新鵜沼)
  広見線…「HM」(HiroMi) (富岡前~御嵩)
  各務原線…「KG」(KakamiGahara) (鵜沼宿~田神)
  小牧線…「KM」(KoMaki) (羽黒~上飯田)
  瀬戸線…「ST」(SeTo) (栄町~尾張瀬戸)

PageTop

三重交通ICカード「emica」続報

emicaチラシ(三重交通公式PDF)
ICカード「emica(エミカ)」及び全国の交通系ICカードの利用開始について(三重交通公式PDF)
三重交通グループ4社におけるICカード導入について(桑名市地域公共交通会議資料PDF)

以前紹介した三重交通のICカード「emica」ですが、新年度の4月1日より運用開始のリリースがありました。

発売額はデポジット500円含む2,000円で、各営業所、窓口、バス車内での発売となります。1か月2,000円以上の利用でポイントが付き、ポイントは運賃として使用できます。また、三重交通では初めて乗り継ぎ割引も適用されます。
また、manacaやTOICAなどの交通系ICカードも利用できますが、バス車内でのチャージができないので名鉄・近鉄・JR等の駅やコンビニでの事前チャージが必要です。Pitapaでは、名張・桔梗が丘・青山町の各駅から特定の区間までの登録型割引も適用されます。
三重交通の公式発表にはありませんが、桑名市に提出された資料によると不定期にチャージ時にポイントを付与する予定もあるようです。これはエコバスカードの代替措置かと思われますね。

なおemicaの運用開始に伴い、バスカードと普通回数券は発売終了となりますが、利用は引き続き可能です。

これから三交バスに乗るときはemicaを持っておくと良いですね。名古屋市内もほぼ全てのバス路線でICカードが使えて便利になります。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。