3501Fの雑記とかいろいろ

名古屋の大学生が市バス・名鉄バス・三重交通を中心にいろいろ書くブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

名古屋市営バスの話

今日は私の趣味の一つである名古屋市営バスの話を。
とりあえず今回は知っておきたい基本事項を紹介します。

名古屋市営バスは公営企業である名古屋市交通局によって運行され、市民からは「市バス」と呼ばれています。
保有車両台数は約1000台と、日本のバス事業者としては屈指の規模を誇ります。
近年は経費削減に努めており、10営業所中3営業所が民間に業務委託を受けるなどの結果、ここ数年は連続して単年度黒字を達成しています。
一般的な路線バスのほか、基幹バス、高速バス、ガイドウェイバスなどハード面に多彩な側面を持つ事業者でもあり、名古屋市内のほか周辺自治体への路線もあります。

続いては車両を写真と共にご紹介。
1.基幹バス
基幹バス
市バスの花形である基幹バスは現在2系統が運行されています。充当される車両は上のようにアイボリーに臙脂のラインを引いています。4月からは全車ノンステップ車になりました。一般路線より停留所を少なくし、朝は専用、それ以外の時間は優先となるバスレーンの設定により表定速度を向上させています。基幹2号系統は全国唯一の道路中央部にバスレーンのある区間が存在します。
かつては「ミッキー」という愛称がありました。何で無くなったかはうわ何するやめくぁwせdrftgyふじこlp

2.一般バス
一般バス
市バスでは最もオーソドックスなバスです。かつては営業所ごとに国内4メーカーの車両を導入していましたが、現在は競争入札によりいすゞ・日野車の割合が高くなっています。カラーは昭和50年ごろから採用されているアイボリーにブルーのストライプです。高速系統に充当されるバスはこれにETC・シートベルト・基幹バス運用のためのサボ差しを装備しています。大型・中型・小型の3種類があり、ノンステップ車が9割以上を占めています。

3.その他特殊車両
メーグルG-04
上記2種類のほか、名古屋市交通局は様々なバスを運行しています。上の写真は観光振興局からの委託を受けて運行される観光ルートバス「メーグル」で、専用に改造されたバスを使用しています。このほか守山区を走るガイドウェイバス「ゆとりーとライン」や名古屋市中心部を走る都心ループバスを運行しています。

ここまで色々とご紹介しましたが、もっと名古屋の市バスについて知りたい方はリンクにある「まるはち交通センター」をぜひご覧ください。市バスだけではなく名古屋の公共交通を一層楽しめると思います。

バスの写真はこれからも時々公開します。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。