3501Fの雑記とかいろいろ

名古屋の大学生が市バス・名鉄バス・三重交通を中心にいろいろ書くブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ナゴヤ球場正門前駅の遺構

先週私用で中川区のスポーツセンターへ行ったのですが、そのついでにナゴヤ球場正門前駅の跡を見に行きました。

ナゴヤ球場正門前駅は昭和62年7月1日に開業した臨時駅で、JR貨物名古屋港線に設置されました。当時中日ドラゴンズが本拠地としていたナゴヤ球場へは名鉄ナゴヤ球場前駅(現・山王駅)よりも近く、一説には名鉄利用者の2~3割の乗客が流れたとも言われています。車両はキハ58やキハ82が使用され、グリーン車も解放されたことから利用者には好評でした。その後東海道線尾頭橋駅に後を譲る形で平成6年10月8日、通称「10.8決戦」の日に営業を終了しました。

DSC_2607_convert_20121216114521.jpg
駅入口跡。現在は踏切が設置されています。

DSC_2608_convert_20121216114648.jpg
入口入ったところの高架桁には選手の活躍する姿が描かれています。こっちは入って右側。

DSC_2609_convert_20121216114733.jpg
左側。

DSC_2610_convert_20121216114824.jpg
ホーム跡。鉄骨を組んでできたホームだったそうで、今は跡形もありません。

JR東海では数少ない廃駅の一つ、ナゴヤ球場正門前駅でした。

おまけ
DSC_2644_convert_20121216115158.jpg
基幹バスとテレビ塔。珍しく非ラッピング車です。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

発展的解消というのが何よりもの救いですね。(´;ω;`)

大阪港界隈に木の根っこのように広がっていた貨物線群は、浪速貨物駅の廃止で完全に消滅してしまいました。
梅田貨物駅の代替として百済貨物駅構内が電化され、城東貨物線も電気機関車牽引での運行が可能となったことが明るいニュースと言えましょうか。(*´ω`*)

かずや(京ヤワ) | URL | 2012-12-16(Sun)15:00 [編集]


>かずやさん
臨時駅だった当時、地元住民からは常設化の声があったそうです。
城東貨物線はおおさか東線として客貨両用路線になりつつありますね。南方貨物線も開業できていれば名古屋貨物ターミナル発着の貨物列車が稲沢で折返しを強いられることもなかったのですが・・・

3501F | URL | 2012-12-16(Sun)17:34 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。