3501Fの雑記とかいろいろ

名古屋の大学生が市バス・名鉄バス・三重交通を中心にいろいろ書くブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

市バス系統紹介その1・基幹1号系統

期末試験が終わりました。・・・留年してなきゃいいんだけど。

あんまりネタもないので今回は新シリーズ(?)市バスの様々な系統を方向幕と共に紹介しようと思います。
第1回は花形・基幹バスからです。

基幹1号系統
基幹1・本
基幹1・本

基幹1・折
基幹1・折

基幹1・支
基幹1・支

基幹1号系統は、昭和57年に名古屋市初の基幹バスとして新設されました。市中心部の栄から市道名古屋堀田高岳線(通称空港線)を通り南区を結ぶ系統です。空港線上はほぼ全区間にわたってバスレーンが設定されていますが、名古屋高速がある関係でレーンは歩道寄りになっています。この系統の新設により、大部分で並行する[高速2](栄~緑高校間)は廃止されています。
路線は当初栄~星崎間(現:[折])のみでしたが、昭和59年に出入庫系統として鳴尾車庫まで延長(現:[本])されました。また、名古屋市総合体育館の開設により[支]栄~総合体育館(現:日本ガイシスポーツセンター)間の系統も設定されましたが、平成15年の再編で廃止され、代わって[支]栄~笠寺駅間の系統が登場しています。
停車するバス停は一般系統よりも少ないため、方向幕は停車する全てのバス停を表示する他、車内では注意を促す放送がされます。車両は基幹1号専用車の他、高速1号対応車が運用されます(全車鳴尾営業所所属)。本数は日中は[本]は1時間4本、[折][支]はおおむね1本ずつが運行されています。

バスコレ用に撮りまくった写真が大量にあるので、ネタがないときにまたやると思います・・・
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

系統表示器は、やっぱ幕式が一番見やすくて親切ですよね。(*´ω`*)

かずや(京ヤワ) | URL | 2013-02-01(Fri)06:38 [編集]


>かずやさん
情報量はやっぱり幕が一番ですからね。基幹バスは1号系統しか幕がないので貴重になると思います。

3501F | URL | 2013-02-01(Fri)23:33 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。