3501Fの雑記とかいろいろ

名古屋の大学生が市バス・名鉄バス・三重交通を中心にいろいろ書くブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

名古屋市営バスの車両たち・その6

このシリーズも第6弾。今回はふそう中型車です。

1.平成12年3月式・KK-MK25HJ
MF-014-02_convert_20140502230433.jpg
H26.4.19 要町

 平成12年3月、前年に引き続いてエアロミディMKのツーステップ車が2両導入されました。
 前年と比べ、メトロ窓から逆T字窓になったこと、前面の行先表示幕が一体になったことが外観の特徴です。テールランプは腰部2灯、バンパー4灯になっています。
 車番はMF-14、15で、鳴尾営業所に新製配置されました。平成15年12月から翌年4月までは一時的に稲西に所属し、現在は鳴尾営業所で主に有松12号系統・鳴海11号系統などで活躍しています。

2.平成12年2月式・KK-MK23HH
MF-016-04_convert_20140502230516.jpg
H24.6.2 南大高駅

 平成12年2月、3月の一般系統用に先駆けて、都心ループ(栄758号系統)専用車初の中型車としてTF-12、13の2両が那古野営業所に投入されました。一般系統用と異なり、ワンステップ・リーフサス車となっています。都心ループでの活躍は短く、2年後には一般系統に転用となりMF-16、17に改番の上、鳴尾営業所に転属しました。
 3月式との外観の差としては、フロントバンパーの都心ループ用の行灯の跡があります。また、側面の表記が「アイドリングストップバス」となっています。車内はワンステップ車のため、中扉後ろに段差があります。一般転用後しばらくは座席のモケットが都心ループ仕様のままで運行されていました。
 現在は鳴尾営業所に所属し、3月式と共に運行しています。

3.平成15年3月式・KK-MJ27HL
NMF-025_convert_20140502230630.jpg
H24.9.18 新瑞橋

 平成15年3月、エアロミディMJノンステップ車が30両投入されました。車番はNMF-1~30で、全12営業所に配置されています。
 外観はノンステップ部分を確保すべく、大型車並みに拡大されたホイールベースが特徴です。胴長のスタイルから、「ダックスフント」の愛称で呼ばれています。ホイールナットは6穴ではなく8穴になっています。また、中型車としては初めて電動ミラーを採用しています。クーラーはデンソー製となっています。NMF-16~30では、試験的に着色ガラスの採用とカーテン廃止が行われています。これを受けて、平成15年度購入車からは正式に着色ガラスが採用されています。
 車内は運転席後ろの座席がなく、ノンステップ部は優先席と車いすスペースとなる座席のみ横向きとなっています。ホイールベースが広がっているため、中扉後ろは2人掛け2列+最後部5人掛けとなっています。座席と室内灯はメーカー標準品に変更されました。
 現在は如意・浄心を除く8営業所に分散配置され、地域巡回系統や住宅街を走る系統で使用されています。

 
 
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。